お悩み解決コラム

若い頃よりニオうってホント?足のニオイと年齢の密接な関係

2018.12.21

足のニオイを気にする人は多く、特に外出先で靴を脱ぐ機会が多い人だと足のエチケット対策はかなり重要です。
足のニオイと年齢は一見無関係に思えますが、実は密接な関係があり、足のニオイ対策をする上でのポイントになります。そこで、足のニオイと年齢について紹介したいと思います。

足の角質と年齢の関係

足のニオイは雑菌の繁殖が原因で、繁殖を抑えることが根本的な対策に繋がります。
繁殖を抑える方法は、足裏の汗対策や清潔にするなどですが、これらだけだと十分なエチケット対策にはなりません。

・足の角質もニオイの原因に!
足の角質は剥がれると雑菌のエサになり、いくら足裏を清潔にしてもニオイを抑えることができません。
また、年齢を重ねていくと角質の生まれ変わりが遅くなるので、足裏の皮膚の環境が悪くなり雑菌が繁殖しやすい状態になります。その為、年齢と足のニオイは深い関係があり、足裏のエイジングケアをすることがエチケット対策に繋がります。更に、年齢を重ねていくと加齢臭も発生するため、若い頃より足のニオイが気になるというケースも多い傾向です。

年齢による足のニオイ対策はどうする?

年齢による足のニオイ対策は、足裏の角質ケアと雑菌対策がポイントで、雑菌対策は汗や汚れなどへのケアも含まれます。

・足裏の角質ケア方法は?
足裏の角質ケアは、顔の肌と同様にエイジングケアをする必要があり、肌の成長をサポートする対策が理想的です。
例えば、角質をケアした後は必ず保湿を行うなど、皮膚の老化を抑制する対策がおすすめです。

・雑菌対策は?
足の雑菌は皮脂や汚れをエサにするため、古い角質ケアと同時に清潔にする対策も重要です。
一般的な足の雑菌対策は、お風呂で足裏を洗い清潔にするという方法です。長時間の殺菌効果のあるせっけんや、デオドラントを選ぶことがポイントになります。

年齢による足のニオイ対策は、毎日のニオイ対策と、雑菌が繁殖しにくい環境にするための、角質ケアがポイントになります。