お悩み解決コラム

アトピーに影響する「ストレス」ってなに?

2018.11.26

ストレスについて理解しよう

前回、ストレスがアトピーに影響を与える理由について説明しました。
では、そもそも「ストレス」とは何なのでしょうか。どうして「ストレス」はあるのでしょうか。
今回のコラムでは、ストレスについて掘り下げていきます。

ストレスって何?

厚生労働省の「こころの耳(http://kokoro.mhlw.go.jp/)」というサイトで、ストレスについて、以下のように説明されています。
「ストレスとは、こころや体にかかる外部からの刺激(ストレスの原因)と、その刺激に適応しようとして、こころや体に生じたさまざまな反応(ストレス反応)のこと。」

例えば、恋人とケンカした場合、
・ストレスの原因:恋人とのケンカ
・ストレス反応 :嫌な気持ち、腹立たしい気持ちなどとなります。

ストレスは悪いもの?

「ストレス」と聞くと、多くの方が「嫌なもの」と思われるかもしれませんが、実は、ストレスは生きていく上でとても必要なものです。
「疲れ」や「不安」、「暑い」「寒い」「痛い」などは、すべてストレスです。ストレスを感じるからこそ、その環境に対処していくことができるのです。

また、ストレスには、こころや体に「良いストレス」と「悪いストレス」があります。
「疲れ」や「不安」などは、「悪いストレス」。「嬉しい」や「楽しい」などは、「良いストレス」と言えるでしょう。

こころや体に悪影響の「強いストレス」「長期間のストレス」

あまりにも強いストレスを受けたり、ストレスを長く受け続けると、こころや体は調子を崩してしまいます。

例えば、ボールを指で押すと(ストレスの原因)、ボールはへこみます(ストレス)。普通ならボールのへこみは、指を離すと少しずつ元の形に戻ります。
私たちのこころと体も同様です。ストレスを受けて病気になったとしても、休むことで健康な状態に戻ることができます。

しかし、ストレスが強すぎたり、ストレスを受ける時間が長すぎると、健康な状態に戻ることが難しくなるのです。
ストレスは、生きていく上で必要なものですし、なくなることはありません。ですから、ストレスを受けても元の状態に戻れるよう、ストレスをコントロールすることが大切になります。

次回のコラムでは、アトピー対策としてのストレス解消法などをご紹介します。