お悩み解決コラム

ワキガ対策を考えるなら正しいワキ毛処理を!

2018.11.26

ワキガの対策に最も重要なのは、ワキを清潔に保つことです。
そこで今回は、「ワキガ対策としてのワキ毛処理」のポイントについてお話しします。

ワキガ対策にワキ毛処理は必須?

ワキガのニオイはアポクリン腺という汗腺から発生すると以前お話ししましたね。
ワキガ体質の人は他の人に比べてワキ毛が多く、ひとつひとつの毛も太い傾向があります。これも実はアポクリン汗腺の発達が関係しています。
ワキ毛があると湿気がこもりやすく、汚れも残りやすいため雑菌が繁殖し、ワキガのニオイがきつくなってしまいます。

デオドラントなどを日常的に使っている場合も、ワキ毛処理は有効な対策なります。
処理していないとせっかくのデオドラント剤が届きにくく、デオドラント効果を半減させてしまうのです。

ワキ毛を抜くのは御法度!

ニオイのもととなるアポクリン腺は毛穴にあることが多く、ワキ毛を抜いた時の刺激によってアポクリン腺が反応し、アポクリン腺の働きが活発になってしまうのです。
また、毛を抜くことで皮膚にダメージを与えてしまい、炎症を起こしたり化膿するようなトラブルが起きる可能性もあるので、毛を抜く処理方法はオススメしません。

ワキ毛の自己処理は、カミソリで剃るのがオススメ

もっとも良い方法は脱毛です。しかし、お金もかかりますし男性であればツルツルにするのに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

自己処理をするのであれば、カミソリで優しく剃るのが毛穴を刺激しないためオススメです。カミソリは必ず清潔なものを使用するようしましょう。
また、処理後もミョウバンせっけんやミョウバンスプレーを使うなど、きちんとケアをしてワキを綺麗に保つのも大切です。

カミソリで処理する時の注意点

<注意点>
カミソリでワキ毛処理する時は、クリームなどをしっかりと塗るようにしましょう。肌への刺激を抑えることができます。乾燥した状態の肌にそのままカミソリをあててはいけません。
また、脱脂力の強い石鹸やボディーソープは必要な皮脂まで落として乾燥させてしてしまうので、シェービングクリームか乳液を使用するようにしましょう。

電気シェーバーもオススメ

極力脇への負担を減らしたいという方にオススメなのが電気シェーバーです。男性のヒゲの処理に使うイメージが強いですが、体毛処理に開発された電気シェーバーも販売されています。特に女性用電気シェーバーは肌に刃が直接当たらない設計のため、肌を傷つけず肌当たりも優しいのが特徴です。

丸洗いできる防水タイプのものですと、常に清潔に保つことができますし、お風呂でも使用できるのでオススメです。
ただし、カミソリ同様に剃るという処理は同じなので、多少なりとも肌に負担はかかります。毎日の使用は避けるようにしましょう。