お悩み解決コラム

ワキガの手術は保険適用になる? 保険適用の基準とは

2018.11.13

ワキガに悩む方は少なくありませんが、体臭の問題はとてもデリケートですし、気にするあまり精神的に疲れてしまうというケースも多いです。

ワキガの解消法と聞くと真っ先に「手術」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
手術と聞くと思わず「保険適用にならず高く付きそう……」と身構えてしまう人も多いかもしれませんが、実はワキガの手術は保険が適用される場合があります。
ワキガ手術が保険適用となるにはどのような条件が必要なのか、またその金額などについて紹介していきます。

ワキガの解消法は手術?

ワキガの臭い原因となるのは「アポクリン腺」という汗腺から分泌される汗です。このアポクリン腺の量が生まれつき多いと、汗の臭いがきつくなりワキガ症状が出てしまいます。
このアポクリン腺は日常生活で増減することはないため、根本的に臭いの元である汗の量を減らすためには、手術で汗腺量を減らすのが効果的です。

一般的に用いられる「剪除法」という手術は保険適用にならないと30万円ほど掛かりますが、保険適用になれば3〜5万円ほどで済み、直接汗腺を切除するため確実に症状を軽減し再発の可能性も少なくなっています。
保険が適応できなければ、手術に掛かる費用は約6~10倍となりますので、必ず保険を適応させるように、しっかりと知識を身につけなければなりません。
では保険適用のために必要となる条件とはどんなものがあるのかを紹介していきましょう。

ワキガを治す手術と値段について

ワキガの臭い原因となるのは「アポクリン腺」という汗腺から分泌される汗です。このアポクリン腺の量が生まれつき多いと、汗の臭いがきつくなりワキガ症状が出てしまいます。
このアポクリン腺は日常生活で増減することはないため、根本的に臭いの元である汗の量を減らすためには、手術で汗腺量を減らすのが効果的です。

一般的に用いられる「剪除法」という手術は保険適用にならないと30万円ほど掛かりますが、保険適用になれば3〜5万円ほどで済み、直接汗腺を切除するため確実に症状を軽減し再発の可能性も少なくなっています。
保険が適応できなければ、手術に掛かる費用は約6~10倍となりますので、必ず保険を適応させるように、しっかりと知識を身につけなければなりません。
では保険適用のために必要となる条件とはどんなものがあるのかを紹介していきましょう。

ワキガ手術が保険適用になるための必要な条件とは

1.ワキガ手術を保険適用で行っている病院を調べる。

まず大前提として保険適用で手術を行っている病院を選ぶ必要があります。
病院によってはワキガ手術に保険適用を一切認めていないなどのケースもみられます。
特に美容外科や美容クリニックなどではワキガ手術を自由診療(保険の適用がされない診療)でのみ行っている場合もあるため、手術の値段や保険適用について受診前に確認しておくことが重要です。

2.どのような手術方法が保険適用であるのかを確認する。

ワキガ手術には始めに紹介した「剪除法」以外にも、傷口が小さく済む「吸引法」や皮膚を切らずに治療ができる「マイクロウェーブ法(ミラドライ)」などの手術方法があります。

最も一般的である「剪除法」は保険適用である病院でも、「吸引法」や「マイクロウェーブ法」での手術は自由診療である場合が少なくありません。 それぞれの手術方法のメリットやデメリットをよく考慮した上で、どのような手術が保険適用となるのかをしっかり確認しておくと良いでしょう。

3.ワキガ症状を医師が認めるかどうか。

もし行いたい手術の保険適用が可能な病院であっても、ワキガであると医師に認められなければ手術に保険を使うことができません。これがワキガ手術の保険適応において、一番重要な条件だと言えるでしょう。
医師によるワキガの判定は、ほとんどの場合が嗅覚による判断になっていますので、医師により見解が異なるという場合も多いです。

病院によってはワキガの臭いが確認できる状態で来院することを推奨しているケースもあるため、証拠として臭いが付いてしまったり、黄ばんでしまった衣服を持参可能か聞いてみるのも良いかもしれません。

深刻な悩みに発展してしまうこともある「ワキガ」ですが、保険適用になれば5万円以内で手術を受けることも可能です。
病院に対しては手術の値段や手術方法などをよく確認し、自分が納得のいく形でワキガの悩みを改善してみてはいかがでしょうか。