お悩み解決コラム

今すぐアトピー対策「スキンケア編(洗浄と保湿)」

2018.11.26

アトピー肌の共通点は、バリア機能の低下

アトピーでお悩みの方には、共通点があります。それは、肌のバリア機能が低下していることです。肌のバリア機能の低下は、汗やほこり、花粉などのアレルゲンが進入しやすく、かゆみや炎症を起こす原因になります。アトピー肌は、どうしてバリア機能が低下しているのでしょうか。それは、元々の体質で肌が乾燥しバリア機能が低下していることもありますし、アトピーのかゆみで「かき壊し」を起こしてしまいバリア機能が低下していることもあります。バリア機能を正常にするためには、毎日のスキンケアが大切です。アトピー対策のスキンケアで大事なのは「洗浄」と「保湿」です。

【しっかり洗浄!】

肌を清潔にして、肌への刺激を少なくする
アトピーの肌は、少しの「刺激」で炎症やひどいかゆみを起こしてしまいます。そのため、刺激の原因となる汗やほこり、汚れや花粉などを入浴やシャワーでこまめにしっかり洗い落とすことが大切です。アトピーの肌はバリア機能が低下しており刺激に弱いため、ナイロンタオルなどでゴシゴシと強く洗わず、たっぷりの泡を使って素手で洗うのがおすすめです。また、シャンプーや石鹸の泡が残らないよう、しっかり洗い流しましょう。熱めのお湯は皮膚が乾燥しやすく、アトピーのかゆみを強くするため、お風呂やシャワーのお湯はぬるめにしましょう。

【しっかり保湿!】

肌にうるおいを与え、刺激物の進入を防ぐ

乾燥したアトピー肌は、バリア機能が低下しています。入浴後はもちろん、寝る前や朝起きたときなど、肌が乾燥しないようにしっかり保湿をしましょう。うるおいのある肌は、ほこりや花粉などの刺激物の進入を防ぎ、また、汗などの刺激から守ってくれます。保湿ローションは、刺激が少なく、保湿力の優れたものを選ぶようにしましょう。また、強くこすらず、たっぷり塗るようにしましょう。保湿は、バリア機能の低下を防いでくれますので、乾燥が気になる時だけではなく、毎日しっかりケアするのがオススメです。